大人の方向け 英語学習法

日本語のレベルを下げる。

 
こんにちは。
英会話スクールコイッシュ代表の松浦です。

「一番効率的に英語が上達する方法って何ですか?」
という質問をよく受けますので、今日はこのことについてお話していこうと思います。
 
私は、元々、企業派遣型の英会話講師として、ティーチング経験を積んできました。
・海外赴任前の日常英会話、ビジネス英会話
・TOEICのスコアアップ講座
・趣味のための日常英会話
など、様々なジャンルの英語を教えてきました。
その経験を活かし、海外赴任前の奥様レッスンや、海外旅行でもっと楽しみたいといった方々へ英会話レッスンを行っています。

余談ですが、様々なジャンルといっても、『ここからはビジネス英会話、ここからは日常英会話』というハッキリとした境界線はありませんし、個人によって、その境界線は違ってくると思います。
例えば、日常英会話で買い物ができても、返品しなければいけない場合、やりとりはビジネス英会話で返ってくるわけです。
母語の生活圏では、こういった細かい境界線を意識することなく生活していますが、第二言語となると、突然知らない単語ばかりになり、困惑してしまうこともあると思います。
そのため、テーマとして「日常英会話」「ビジネス英会話」というジャンル分けはするものの、基本は英語。
自分が伝えたいこと、教えてほしいことをお互いに理解し合えれば、とりあえずはOKということです。


さて、本題に戻りますが、「一番効率的に英語が上達する方法」というのは、各々違うので、絶対にコレです!とは言えません。
ただ、私が大人の方向けレッスンでよく言っている、
《母語である日本語のレベルを下げましょう》 というのは、効率的な学習の肝になるのは事実です。
 
例えば、生まれも育ちも日本⇒母語は日本語、英語学習者⇒第二言語は英語という人の場合、
日本語レベルを10と仮定し、英語レベルを2としましょう。

日本語レベル10で考えていることをそのまま英語に直そうとするということは、英語レベルも10でなくてはならないわけです。

この8の差を埋めるために、できるだけ英単語を覚え、文法をおさらいし、英字新聞の読解に挑戦する。。
勉強すればするほど知らない単語が出てきて、映画を見てもさっぱり理解できないという現実に落胆し、
『英語を話せるまでに、後何年かかるんだろう?』
『きっと一生無理なんじゃないかな?』
って思ってしまうのもうなずけます。
 
私たちは、英語を学習する際、第二言語のレベルを母語のレベルに引き上げようと努力します。
もちろん、それが最終目標です。
ただ、学習の初期の段階でこれをしようと思うと、とても無理があります。
日本語は、母語ですので、自分が伝えたいほぼ全てのことを言葉で表現することができます。
(心情表現などは、個人の表現力ですので、個人差はありますが・・・。)
 
なので、日本語で浮かんだ表現をそのまま英語に直そうとしても、それは、かなり難易度が高いことなのです。
 
それでは、どうすれば、英語が伸びていくのか?

それは、母語である「日本語レベル」をそれよりも低い「英語レベル」に下げるということです。

逆の発想です。

まずは、今考えている難しい日本語を幼い子供でも理解できるような簡単な日本語に変えるのです。
 
具体的に取り組んでいるレッスンでの学習法などは、また次回のブログで紹介したいと思います!

~つづく~