コイッシュキッズ×フォニックス

スペリングビーコンテスト。

こんにちは。
英会話スクールコイッシュ代表の松浦です。

さて、昨日に引き続き、フォニックスについてのお話をしていきます。
「フォニックスってなに?」というのを昨日のブログでお伝えしましたが、
要は、音の学習です。

発音矯正だけでなく、英語に必要な4技能・・・《聞く、話す、読む、書く》 の力を伸ばしてくれます。
なぜ、フォニックスが4技能につながるか?
 
・・・この話は、また別の機会に💛
 
英語圏の子供たちは、読み・書きの力を付けるために、フォニックスを学習するのですが、コイッシュのキッズクラスでも、積極的にフォニックス学習を取り入れています。
 
フォニックスルールは、キャラクターや歌などで覚えていきます。
目から、耳から英語を吸収していきます。
 
そして‼
今年で6回目を迎える、NPOスペリングビーコンテスト‼‼
この存在も大きいです。
 
コイッシュは、第二回目コンテストから毎年連続出場していますが、
地区大会優勝1回、メイン大会第4位が最高成績です。
 
ちなみにですが、日本人講師のみが教えるスクールで、優勝を勝ち取ったのは、コイッシュだけです☆
日本人だから、英語の発音ができないのではなく、正しい知識があれば、日本人が苦手とする発音の壁を超えることができます。
 
コンテスト出場の子供たちは、特別なレッスンを受けるわけではありません。
レッスン中にフォニックスの基礎力を身に着けていますので、自宅でコンテストのリストを見て学習しています。
教室ではスペリングビーコンテストの効果を大々的に広告しますが、強制はしていません。
 
なぜ、私がスペリングビーコンテスト出場を勧めているかというと、
英語に必要な4技能を効率よく伸ばすフォニックスの知識を競う大会だからです。
また、中学校へ入ると、フォニックスの学習に時間を割くことができません。
聞き取る力が身につかない、正しい発音ができないのは当然です。
圧倒的に練習量が少なすぎます。。
 
なので、英語学習にゆとりをもって取り組める小学生の間に、この部分を補っておけば、中学校へ入ってから、覚えなければいけない大量の単語をより早く覚えることができ、リスニング力も単語を覚えると同時に上がっていきます。
 
そのため、フォニックスのみに集中できるスペリングビーコンテストはとてもお勧めなのです!
 
コンテストの様子は、YouTubeでも見られますし、お近くにお住まいであれば、ぜひ今年の大会を見に来てください♪
 
さて、今回は、コイッシュのキッズクラスでのフォニックス学習について簡単に紹介しました。
次回は、大人の方のフォニックス学習についてお話していきます♪